no title

チャリンコとかアイドルとか写真とかそういうヤツです

@JAM EXPO 2018

@JAM EXPO 2018も滞りなく終わった。
PASSPO☆のアイドルイベントはコレで終了だ。

 

この期に及んで、@JAMは干そうとしてたりして・・・笑
でも結局、2日目だけ参戦することにした。

 

f:id:chief-chief:20180829194441j:image

 

この写真のこのシーン。
もりちゃん達の後ろ姿を見てた。
PASSPO☆愛されてたなぁ。。
と心底思うシーンだった。

 

写真はアプガの小夏っちゃんのツイートから。

これは、まっすぐなツイート。。

 

 

 

まぁ、書き始めてみたけどあんまり書くネタはない。

 

1日目は行ってないので当然何もなしだけど、軒並みベビレが最高の最高だったと皆が口をそろえて言っているのでそういうことなのだろう。

 

その日の展開を聞くだけでも鳥肌が立つ思いなので現場はさぞエモーショナルなものだったろうと用意に想像できる。だって、山中湖までに残されたのはこの日のライブだけでアンコールに「夜明け」とかもう。

 

 

2日目は参戦したわだけど、PASSPO☆を追っかけていくだけだったが、なかなか忙しかったな。。

 

13:05からトークステージ(なちゅなおみゆきみ
13:40からPASSPO☆トリビュート
14:30からトークステージ(ねぎもり
15:40から特典会
18:30からストロベリーステージ

 

という流れ。

 

 

・・・・・・

 

 

PASSPO☆トリビュートステージは、ただただよかった。
まーとしと下手側で見てた。
俺は殆ど声も出さずだったけど。

 

アプガの「向日葵」も。
スパガの「マテガ」も。

アプガの「向日葵」はPASSPO☆よりも力強くて。
スパガの「マテガ」はPASSPO☆への気持ちが溢れる感じ。

どちらもPASSPO☆へって感じでまさにトリビュート。

 

最後はPASSPO☆、アプガ、スパガのフルメンバーで「Dear My Friends」。

 

ヘソがあるステージはなかなか経験がないもんで。
ああいう姿が見れるのもまたいい。

 

アプガと「向日葵」ってちょっと教え子フェスを思い出すなー、とか思ったりもしてました。

 

 

・・・・・・

 

 

ねぎもりトークステージ。

 

一緒に出演しているのは、アプガの森さん小夏っちゃんスパガ渡辺さん宮崎さん溝手さん

 

呼び名に距離感ある←
でもなっちゃんなっちゃんと書かせて笑

 

なっちゃんPASSPO☆の話振られて話す前からもう泣きそうで。

 

なっちゃん
「ずっとやっていくもんだと思ってたから。
 PASSPO☆の解散の話聞いて

 『ふざけんなよ!』

 って最初は思ったけど・・・」

 

なんて話してくれてるのはとてもいい話だった。

 

そんなPASSPO☆についての思いを溝手さんなっちゃんが話してるとこ、ずっと「うんうん」頷きながら一生懸命聞いているもりちゃんもりちゃんだなぁって思いましたとさ。

 

 

・・・・・・

 

 

特典会は暑くて死にそう。。
もりちゃんもトークステージからずーっと暑そうだった。

「えらい暑そうやったな。」と聞くと

もりちゃん
「暑くて。。
 ずーっと汗が止まらなくて恥ずかしかった笑」

そうな。

 

PASSPO☆も@JAMラストやな。
 俺も@JAM多分ラストだわ。
 最後まで楽ませてな!」

なんて言ってたら、

もりちゃん
「えー。
 もりがまた出たらどうすんの?」

「そんときは来るよ笑」

もりちゃん
「よし。
 それは絶対。


みたいな笑

 

トークステージでもちょっと話しあったけど、ねぎもりは何かしら出るのかもしらんなぁ来年も。まあ出るつもりなんだろうなー。多分。

TIFと@JAM。

まぁ、まだほんとにまるまる1年も先の話なわけなんですが、もし出るんなら、1年後、この季節に到達するまでに、ねぎちゃんもりちゃんの活動の土台が何かしらできていればいいなぁ、なんて思いつつ特典会も終了。

 

まぁ、ただただ、もりちゃんが歌ってて楽しいなぁ!
ってなる未来があってほしいな、と切に思うわけで。。

例え、歌ってなくても、楽しいなぁ!って生きててくれりゃあ。

 

 

てか、特典券の販売枯れるの早すぎて笑ったわ!
もう少し遊んでもいいかなってお金も下ろしてたのに!笑

ま、1日目行ってない奴が言うことではないか←

 

 

・・・・・・

 

 

最後はストロベリーステージ。
PASSPO☆がやってエビ中がトリっていう流れ。

エビ中ももうずいぶんメンバー変わったな。。
でも、安本っちゃんの歌が格段に良くなってて、エビ中はあの子にかかってるような気がする。(←?)

 

ストロベリーステージのセトリはこんな感じ。

 

周りはエビ中のおたくの人ばっかり。
我々は古代種のコール族だからうるさかっただろうな笑

 

まーとしも一緒にもりコールしてくれてたし。
『みおみおファイヤー』は0点の出来やったけど。。。

 

「夏空」の最後なおみさんのアップがモニターに写ったんだけど、とんでもない美人でびびったなー。思わず「うおぉ。」って変な声でたわ笑

 

まぁ、正直モニターくらいしかちゃんと見えてない状況だった。
けど、なんかポイントポイントで「うわー!」とか「あぁ。。」って思う瞬間があって。

個人的にはとてもいいフライトだったように思った。

 

もりちゃん
「最後の歌は
 ここにいるすべてのアイドルと
 ここにいるアイドルのファンの皆さんに贈ります。」

 

と言って歌った「Music Navigation」。

 

歌い終わったもりちゃんは今日も汗だくだった。
もりちゃんの歌はいい。
飾らず真直ぐでいつも強い。
そんな歌が好きだなぁと思いましたとさ。

 

 

そんなこんなで@JAM終了!
焼肉食って解散!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくこれ書いてる時に思ったのでなんとなく書き残す。
PASSPO☆はコール現場で自分的にはありがたかったし楽しかったなって。まぁコールしない人にとってはうるさいだけなんだろうけども。まぁぶっちゃけ迷惑でしょwコールをええことにすんげー突っ込んでくる人もいるし、自分も突っ込んでるし←まぁそんな話はどうでもよくて。随分前の話しだけど、POPをねしさんと見に行った時、「パッセンみたいにコールする人もういないから珍しいんだよ。」みたいな話をした後、ミキちゃんコールぶち込んで「バカだなーw」って笑ったりしてたんですよね。(その後、音無山から滑落して後頭部強打して帰った←)@JAMにしてもTIFにしても行ってて思うのは、やっぱ推しの名前をただただコールする現場ってのはもう古代種なのよね。実際。(TIFの後、パッセンが改チアという古代兵器使ってたってツイートされたの気に入って古代種って言ってますw)まぁ、いろんな現場があるとは思うけど。。ただただ熱いとか、ただただエモいとか、ただただおたくがニコニコしてるとか、おた芸揃ってて美しいとか、おたくずーっと飛んでるとか、リフトありモッシュありの何でもありとか、ただただツーステ踏んでるとか、ただただクラップとか、ただただ地蔵とか。。。どの現場もそれがいい。その現場現場それぞれの楽しさがあるし、ステージ上のアイドルがそれに染めていくってのが「現場」なんだと思うんですよ。(でもそういうのを捻じ伏せるのがキラーチューンだってことをちょっと悔しくて書きたかったけどなんかそれはやめとく。)PASSPO☆もそら僕がパッセンになった頃はだいぶおとなしくなってたらしいけど、コール現場に加えてコールするのも大変なくらい圧縮現場だったしそれが当時のPASSPO☆だった。でもあのままだと俺ココまで続けるの難しかっただろうなーw
閑話休題だけども、僕はPASSPO☆の現場がコール現場で本当に楽しかった。難しいことなんて何も無い。形式美だって存在するがそんなものは些細なもんだ。ただただステージ上の推しに向かってただただ全力でコールする。柵が邪魔だっつって柵の前に行っちゃった人もいたけど。。僕にはあれ以外でフロアの熱を伝える方法はもうわからん。だから、何でもかんでもコールしちゃうのはちょっとだけ違う気がする時もある。その分どうしようもなく全力でコールしたい時もある。てか、コールって、もうコール中ずーっとコールアンドレスポンスやってるようなもんだからそらどっちも気合はいるでしょ。気合入ってなきゃレスポンスないっしょ。ほんでもって、推しの子、好きな子をあれ以上に直接的に応援する鼓舞する手段もなかなかないし、あんな大きな声で名前を呼べることなんて人生で他になくない?つまり、コールって文化があったおかげで、こんなに熱くなることも出来たし、楽しくやってこれたんだろうなと思うわけです。だから何なん?って話なんですが、まぁもうこれでアイドルのおたくは終わりなんだろうなってこと。(まぁもともとおたく性能無いからおたくでもないんだけど。。)他ではこんなことは出来ないわけだし、こんなことにならないだろうし。こうやって熱もってやれた&やらしてもらえたのってPASSPO☆だったからなんだろうなーと。だからPASSPO☆とパッセンの皆さんには感謝なのです。ほんでもって、9月22日より先はどんななっちゃうんだろうね笑
あの子はどんな歌を歌っていくんだろうか。。って歌ってくれるからには期待交じりなんだけど。PASSPO☆の歌を歌うのはわかってるんですよ。もちろんそう言う話ではなくて。話の流れ的にコールさせてくれるかな?って感じに見えなくも無いけど、そういう話でもない。それはもうPASSPO☆だけだって話なのよ。でも、こればっかりは蓋を開けてみないと、蓋が開いてみないとわからない。

とにもかくにも、上にも書いたとおりで、もりちゃんが楽しい!ってなってればそれが最高で、それででいいんですけどね。その楽しいが一日でも早く実現して、一日でも早く土台となっていけばきっと幸せだなぁと思うわけなんですよね。今からそんな言っててもしゃーねーけど笑
まあ、まずは9月22日まで全力で駆け抜けてからやな。

散文失礼